学校のゆとり教育の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

過去の情報一覧

日本の学校における教育方針

日本の学校においてゆとり教育が始まって約10年、子供たちの学力は格段に低下し、上の高校や大学を目指す為には塾や家庭教師を付けながら学ぶ子供達がほとんどなのです。今だに週休二日制を実施している事により、学習能力は低下し、塾の子供達と何もしない子供達との間で差が生まれてしまうのです。またお金の有る家庭とそうでない家庭の子供の差に繋がるのです。学校の存在は何の為に有るのか、今一度国全体で考えなければいけない時期に来たのではないでしょうか。本来は校外での学習は必要ないような環境を作れるのが理想であるでしょう。

週休二日のメリットとは

ゆとり教育による学力低下が嘆かれて久しいですが、そもそもなぜそういう方向に向かったのでしょうか。学校で月曜日から金曜日まで授業を受け、週末は地域の活動や個人の活動に充てることで、学力一辺倒の教育を見直していくことに目的があったのではないでしょうか。数字だけで見れば、確かに国際的にも学力は以前より低下しています。ですが、低下したからと言って学校の週休二日制廃止とするのは少し短絡的かもしれません。土日に家族と過ごして気持ちが安定したり、地域の行事に参加することで社会的な連帯感が生まれたり、メリットもたくさんあったことでしょう。

© Copyright 学校でのゆとり教育の結果. All rights reserved.