学校のゆとり教育の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校での防犯カメラの意義

新着情報

学校での防犯カメラの取り入れ

近年の学校は、不審者の侵入も想定して子供達の安全を守るために防犯カメラを設置している所が増えています。場合によっては校内のいじめや教職員による不正の発覚の足がかりになることもあり、設置のメリットは大きいと言えます。また出入り口部分に防犯カメラをあえて分かりやすくアピールすることで、侵入を試みる不審者への牽制の役割をはたすこともできます。校内で子供たちへの配慮が必要な箇所への設置には小型カメラを用い、目立たないようにすることも可能です。このように学校への防犯カメラの導入は自衛策として非常に有効なのです。

校内へのカメラ設置の意味合い

学校の外にはいいけれど、校舎のなかにまで防犯カメラが設置されているのは監視されているようで抵抗があるという保護者のかたもいらっしゃるでしょう。しかし、犯罪が起こった場合にそこに記録されている映像がごまかしようの証拠となり事件の解決に結びつくことも少なくないのが現実です。最近は悲しいことですが教師による犯罪や悪質ないじめなども起こっているような世の中です。学校という閉ざされた空間の中での有事の解決には、防犯カメラの存在は重要な存在だといえるのではないでしょうか。子どもを守るためにも議論だけでもすべきです。

© Copyright 学校でのゆとり教育の結果. All rights reserved.