学校のゆとり教育の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校に必要な支援員の存在

新着情報

学校に必要だと思われる支援員

義務教育の公立の学校では、いろいろな生徒が集まります。先生は大勢に向かって決まった授業をします。そうすると、一度聞いただけで理解する子もいれば、全然わからない子もいます。先生は、クラス全体を見なければならないので、わからない子だけにあわせることは出来ません。すると、わからない子はますますわからないので、どんどん授業が嫌になります。そのような場合に、支援員がわからない子のサポートに付く事が出来ればとても良いでしょう。勉強についていけない子も、じっくり1対1で教えてもらうと案外わかるようになるかもしれません。なので、学校に支援員はとても必要ではないでしょうか。

支援員の果たす役割とは

子供が学校で楽しく過ごすことは当然の事のように思います。しかし勉強したり友達と遊んだり、規則を守って生活することは、簡単なことのように見えるかもしれませんが、自然に出来て当たり前のことがとても困難な生徒もいます。そんな子供にとって、学校は過ごしにくい場所かもしれません。支援員には、こうした困難を抱えている子供を手助けする役割があります。一斉指示が通らない時には声かけをして促したり、勉強でつまづいている時にはフォローしたり、友達の輪にどうしても入れない時は近くでそっと見守ったりと、忙しい先生たちにはなかなか出来ないことをしてもらえます。見守る大人の目が増えることで、いじめや悪質なからかいの芽を摘める可能性もあります。支援員の果たす役割は、とても重要なものです。

© Copyright 学校でのゆとり教育の結果. All rights reserved.